新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« Perfume 「未来のミュージアム」ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 節電モニターを導入してみた»

2013年03月09日

Raspberry Pi (Model B) 2台目が届いた

RaspberryPi植物遠隔栽培システムでネックとなっていたサーバ部分(主に電気代、量産するなら機器代)、1カ月程前にRaspberry Piに入れ替えが完了。
とりあえず問題無く動作している事を確認して、2台目を$35+送料で購入できるルートで注文。注文から1カ月ほどかかったものの製品が届きました。
費用はその時の為替レートにもよると思いますが3,000円ちょっと。(サーバとして利用するには別途SDカード、USBケーブル等が必要。)超手軽な24時間稼働の自宅用実験サーバとして使おうかと。
いろいろ試してみた結果。ソフトウェアパッケージの利用は特に問題無く。ただ、Node.jsをソースからビルドしてみたところ、1時間30分以上かかったりでさすがに厳しい感じ。ですがソースビルド等を行わなければ(時間がかかっても問題無ければそれはそれで問題ないと思いますが)かなり使えそうです。
電源はスマホのUSB電源レベル。とりあえず、Planexの急速充電機1つの給電で24時間稼働、植物遠隔栽培システムと実験用サーバーの電源が十分足りています。

日時: 23:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/782

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics