新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« Android ドロイド フィギュアとかガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ Perfume 「スパイス」»

2011年11月01日

Google Developer Day 2011 Tokyoに行って来た

GDD2011TokyoGDD2011TokyoGDD2011Tokyo
パシフィコ横浜で開催されたGoogle Developer Day 2011 Tokyoに行ってきました。
今回も前回同様、非常に為になるカンファレンスでした。ランチも無料。Zeemote Technologyさん提供だと思いますがBluetoothコントローラのZeemote JS1 Hも全員に配られたり。このコントローラに対応したアプリを作ってねって事かと。(追記:Zeekeyというアプリケーションを通してWindows7上、Bluetoothマウスの代わりにも使えるのでプレゼン等にも便利そう。ちなみに現状、Mac用のZeekeyは無いようです)
参加希望者は5,000名以上との事。DevQuizで上位だった等参加権利者は約2,000名だったとか。私は今回はTop Favorites枠で参加権利を頂きました。
遠方に住んでいる人の中には前日泊で参加している人も。でも、それぐらい価値のあるカンファレンスだと思います。参加者の中にはスパコン開発者や研究職な人もいそう。そう考えると参加しているエンジニアの中で下の方でしょうから、人気が上がるにつれて参加権利を獲得するのが大変になりそうと危惧しているというのが本音だったり。そのうちDevQuizで負けそう、たいしてアルゴリズムを知らない文系エンジニアの悩み所か・・・。
基調講演の内容は下記サイトにしっかりまとめられているので割愛。
「Google Developer Day 2011」基調講演 開発者の奮起を促す
App EngineのSQL対応も! Googleが最新技術を披露 - Google Developer Day
とりあえず、個人的に気になったのはGoogle Cloud SQL。以前、Google App Engineを試してみた結果、SQLになれていた事もありSQLが使えれば・・・と思っていたわけです。Google App Engineなので、プログラム言語がPythonJavaGoであればGoogle Cloud SQLでGoogle App Engine上でもSQLが使えるとの事。現状Developer Previewですが、これは是非試してみたい。
また、実際に使っていた事もあったアプリ、地震速報アプリの背景等が聞けたのもよかった。独自プロトコルを使用して現状は20台のサーバで構成。場所が無いから会社だけでなく自宅にもサーバを置いているとか。しかもリアルタイム地震速報の情報を得る為の費用は会社もちだし・・・って無料アプリだから大赤字じゃん。と突っ込みどころ満載でした。独自プロトコルという所がネックで一般のクラウドサービスを利用するという訳には行かないのでしょう。きっと今回の話でどこかの会社が無料でサーバやデータセンターのスペースを貸してくれるかもと思ったり。
他、AndroidについてデフォルトでFragmentを使ってアプリを作ろうとか。既公開アプリのFragment対応はしないとと思った次第。時間が無いわけですが。
そして、Android 4.0(ICS:Ice Cream Sandwich)の情報、私の注目する点としてはVPN周りも許可次第である程度アプリ側からコントロールできるようになるとか。その他、新機能も満載。と知れば4.0端末が欲しくなったり。
追記:開発者が知らないと損するAndroid 4.0の新機能44選
掲載写真、もらった缶バッジのみ掲載するのを忘れてました。
さらにリンク先公式版に変更&追記:YouTube

Google Developer Day 2011 Japan Highlights
Google Developer Day 2011 Japan "GDD48" Dance performance

日時: 23:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/718

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics