新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go!に行ってきたガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 観光業支援アプリを公開してみた»

2011年09月07日

元気ロケッツ 「GENKI ROCKETS Ⅱ -No border between us-」

2011年9月7日発売。
早速の感想ですが、全体的にも良い感じ。「touch me」や「make.believe」、「Curiosity」等既に3D Blu-rayや、ダウンロード販売されていた曲以外にも良い感じの曲も。今回初リリースな曲の中で、個人的には「Hikari no tabi」が一番好みかな。既にRimixのようなダンスフロア向きな感じが好み。次が「Reaching for the stars」、「Wonderland」、「Maker」の順。どの曲もAmazonSony musicのサイトで視聴も可能です。
初回限定版にはDVDで2D版のPVが付いています。
3D Blu-rayで発売されていた曲の2D版とTouch meのPV。Touch meのPVについてはちょっと期待はずれと言わざるおえないかなー。他の曲については3Dの良い感じは2Dなので再現しようがないわけですが(例えば3D Blu-rayのStarLine-GRHN Mix-だと、砂時計が飛び出して見えたり、デジタル数字の破片が浮遊して見えたり等など・・・)、2DでもPVのクオリティが高いのでそれなりに楽しめるはず。個人的にも初回限定版をお勧め。
後は、PVではなくCDに曲として「StarLine-GRHN Mix-」が収録されていたらなぁと。まあ、必要であればPVから曲だけ抜き出せばとつっこまれそうですが。
好みの問題はあるかもしれませんが、好みが合致すれば、元気ロケッツを今まで知らなかったという人ほど楽しめそう。
そう言えば、元気ロケッツとは関係ありませんが、気になる3D関連製品、ioPLAZAで販売されている挑戦者 RockVisionとかSonyから11月に発売されるヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1ってどうなんだろう?

日時: 23:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/710

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics