新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« Androidカーナビアプリ、Xperia車載ホルダー購入ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 初、新潟県ではなく初、新潟市»

2010年09月28日

Google Developer Day 2010 Japanに参加

Google Developer Day 2010 Japan東京国際フォーラムで開催されたGoogle Developer Day 2010 Japanに参加してきました。
Google DevFest 2010 Japan に続いて今回も参加するには事前にDevQuizを解いて権利を得る必要があったり。ただ、DevFestの時と異なり3種の参加枠が設けられました。Super Hacker枠、Top Favorites枠、Next Generation枠。私はSuper Hacker枠での参加。
基調講演ではHTML5Google App EngineAndoridGoogle日本語入力について等。
HTML5については、各種ブラウザ側の実装等、動作環境が整えば事前インストールが必要なタイプのアプリケーション需用は減るよなーと思ったり、ますますWebアプリケーションが増えるような。それを見据えてWeb閲覧とWebアプリの動作に適したGoogle Chrome OSを開発しているんだろうなとも思ったり。基調講演後のランチは無料でChrome丼等。(どんなランチかは誰かが写真をネット上に公開しているはず・・・)
ブレイクアウトセッション、私が拝聴したセッションはAndroidを中心に下記の5つ。
・音声入力API for Android
・高性能なAndroidアプリを作るには
・マーケットライセシングを使ってAndroidアプリケーションを守るには
・クールなAndroidアプリを作るには
・Androidでリアルタイムゲームを開発する方法:リベンジ
何気に個人的に一番役に立ったと思ったのはゲームを開発する方法だったり。今までAndroidでゲームを作ろうと考えた事がなかったので、興味があまりなかった部分だったのですが、逆にAndroid向けにゲームを作る場合の注意点、推奨事項などを知る事ができたのでAndroidでOpenGL ESは是非試してみたいと思ったり。当然、ゲーム以外のアプリでも応用できそう。次が音声入力API。
その次がクールなAndroidアプリを作るにはかな。AndroidアプリiMoNiの開発者とAndroid Developer Challenge 2 Media部門で3位入賞のFxCameraの開発者の話を聞けたり。ただ、私としては再認識的な内容がほとんどでしたが。
セッションの後のライトニングトーク、Super Hacker枠参加者限定のイベントにも参加。Super Hacker枠ではGoogleと同業のY社やスパコンのF社、外資系証券会社の外国人エンジニアとかも参加していて他にもかなりすごい人が集まっていたのかなーと思ったり。
全体を通して、参加権利を得るためのDevQuizを解くのに時間を要しましたが、価値のある大変役に立つイベントでした。さらに昼のランチはもちろん、軽い飲み物、軽い夕食?のサンドイッチまで無料で提供。大満足のイベントでした。Googleさんありがとう。
- -追記- -
基調講演の内容は下記サイトが良く纏めていると思います。
Google Developer Day 2010 Japan開催、HTML5・Android・GAEの最新動向を紹介

日時: 23:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/631

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics