新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« Android携帯用アプリケーション第2段その後2ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ Pandao(パンダオ)時計当選»

2009年05月30日

ダイエー株購入で生活防衛策を画策してみた

不景気とさわがれれば生活防衛策を色々と考える人も多いでしょう。そんなネタ。
サブプライム問題以後、保有株式も値下がりで売れません。もともと売る気もないですけど。
ダイエーから株主総会の結果とともに株主優待カードが届きました。
資金難でしばらく株式購入は停止していましたが、サブプライム問題で株価大幅下落の後、久しぶりに買ってみたのがダイエー株。少ない資金で買える低位株という位置づけでしょうか。
又、こんな時にダイエー株を買うか?というのが大半の見方でしょう。
ま、配当は期待していません。今回も株主優待が目当て。昨年末頃、単元株である50株を約2万円で購入。
優待の内容は優待カードで5%値引き(50株の場合は半年で上限額20万円 x 5%= 1万円)、OMCカード優待日であれば、OMCカード優待で5%引きされた価格からさらに5%引きになります。詳細はダイエーのホームページを参照。
購入の理由は住んでいる場所柄、私はもちろん親もダイエーでの買い物率がかなり高い事。家族となる範囲が2世帯分となればそれなりの金額になるなと試算したわけです。
リスクは、株主優待の廃止や株式の併合(2002年1:0.5、2005年1:0.1の併合がありました)、他社による買収や経営統合等々。判断基準としてはそれらが当分発生しないと見るか、発生するまでに元がとれると判断するかどうかといったところ。投資は自己責任です。
実際は最終的に損をしたとしても、こういうプロセスを考えたり予想するのが好きで、かつ5%引きだとか他の人より安く買えたと思う(錯覚する)事がかなり嬉しかったりするんですよね。こんな性格を満足させる為に購入したと言うのが本音だったり。

日時: 23:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/476

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics