新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« 試験と秋葉原ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2009年 あけましておめでとうございます。»

2008年12月23日

Android Dev Phone1が届いた。そして動作テストとか。

Android Dev Phone1Android Dev Phone1Android Dev Phone1
Android Dev Phone1(T-Mobile G1)。SIMロックフリーでbootloaderもunlockな携帯。SoftbankのSIMカードでもアクティベーション可能。ここ最近の円高と2年前に購入した911SHが故障した事もありまして購入。(念の為、911SHは修理出し)
Agora Proと迷ったのですが、やはり画面の大きさが大きな問題。デザインはあまり好みではないのですがAndroid Dev Phone1(T-Mobile G1)にしました。技術者自己投資ってやつです。
申し込みから5日で届きました。(今月初旬頃、発売してばかりの頃はもうちょっと掛かったそうです。)
Softbankでの利用ですが、通話は問題なく利用可能、3Gネットワークも問題なし、ただしパケット定額の対象にはならないよう、そして携帯電話専用のメール(~@softbank.ne.jp)も当然利用不可といった感じ。(携帯電話専用のメール受信の為にはSoftbankの携帯にSoftBankのSIMカードを刺して受信する必要あり。)このあたりがちょっと微妙。当面インターネット通信はWiFi経由で利用する予定。
SIMロックフリーの携帯、今後世界的に発売が増えて行く可能性は大いにあると思います。
現状、Android Dev Phone1を手に入れるには輸入となるわけで・・・逆に、海外の人がインターネット通信販売で購入したくなるようなSIMロックフリーな携帯を日本の携帯メーカーが開発し、販売できるぐらいになればよいのですが。
ちなみにAndroid Dev Phone1(T-Mobile G1)のアクティベーションにはGoogleアカウントが必要で、インターネット通信を行う為にSIMカードとAPNの設定が必要。SoftbankのAPN情報はSoftbankのホームページを参照
ただし、APNの設定をしたままだと、意図しない時に3Gネットワーク通信(パケット通信)が行われる可能性があるのでアクティベーション後は追加したAPNの設定を削除。APNの設定を削除すれば3Gネットワークを利用した通信は行われない(利用できなくなる)ようです。
アクティベーション後であれば、通話・3Gネットワーク通信はできなくなりますがSIMカードを取り外してしまうのも一つの方法。
テスト作成していたアプリケーション、今まではエミュレータでの動作確認まででしたが、実機動作、思ったより良い感じ。本作製に移行決定。

日時: 23:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/423

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics