« GeForce GTX 1050 Ti 4GBをTensorFlowでガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ Aimer「ONE」/miwa「We are the Light」/篠崎愛「Floatin' Like The Moon」/家入レオ「Relax」»

2017年11月17日

Amazon Echo Dot

Amazon Echo Dot現時点、SNS上ではAmazon Echoを購入できる招待メールが届かないといった話題がちらほらといった感じですが、15日に招待メールが、16日にAmazonのスマートスピーカーAmazon Echo Dotが届きました。
スペック等を確認したところまず気になるのは、やはりハードウェアとしてLINE Clova WAVE、Google Homeと異なる点。
大きく異なる点は、イヤホンジャックがついているかどうか。Bluetoothスピーカーとして利用できる機能はLINE Clova WAVE、Google Homeにもついています。ですが、Amazon Echoの場合、さらにイヤホンジャック(LINE OUTとして使用)から他のオーディオ機器に接続ができます。つまりA2DP対応のBluetoothオーディオレシーバーにもなる点。また、Amazon Echoから別のBluetoothスピーカーに接続もできます。
さすがにスマートフォンからBluetoothでAmazon Echoに接続し同時にAmazon EchoからBluetoothスピーカーにつなぐことはできません。(素直にAmazon Echoを通さずスマートフォンからBluetoothスピーカーにつなげという話ですが。)
他のスマートスピーカーと同様の仕組みですがスマートフォンにアプリをインストールして設定は必要ですが、Amazon Prime Music、Amazon Music Unlimitedの契約があればそれぞれ契約の対象である楽曲は音声コマンドだけで(スマートフォンによる接続なしで)再生は可能。
ちなみに、Amazon Echo Dot、海外のものと同じではなくちゃんと日本仕様の製品のようです。裏面に技適マークがプリントされていました。(日本で販売されているLINE Clova WAVE、Google Homeも底に技適マーク有り)いままで販売されていた海外のものには技適マークはないようなのでそれらを手に入れたとしても、そのまま使用すると日本国内では違法になる恐れが。
次は、Alexaのスキル開発を・・・。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:35



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/931

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics