新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« クッションフロアとソフト巾木も交換ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 白糸の滝(軽井沢)»

2017年05月03日

ラグマットの代わりに檜フローリング

ヒノキフローリングヒノキフローリングヒノキフローリング
DIYリフォームがマイブームな気がしてる最近。(ブログのタイトルにはマッチしてるわけですが)
リビング、ダイニングのフローリングに敷くモノといえば一般的にはラグマットな気がしますが、フローリングの上に檜の無垢材フローリングを敷いてみました。
部屋全体ではなく約2m×3mの部分敷。当然ながらラグマットのような柔らかい感じはありません。
檜のフローリングって実際どうなんだろう確認してみたいという事もあり。
(木材店の品、当然遮音性能ΔLL(Ⅰ)-5(以前のLL-40)、ΔLL(Ⅰ)-6(以前のLL-35)等の下地材とかはなし。フローリングの上のフローリングなのであっても邪魔なだけですが。)もとのフローリングの色が濃い色だった事もありコントラストはいい感じ。段差が生じるので、場合によっては見切り材が必要かもと思いましたがなんとなくいらなそう。
とりあえず無節で綺麗、表面に特別な加工はされていないので傷つき放題な気はします。ですが一本一本バラバラにできるので傷がついたら削ればいいかという感じでしばらく使ってみようかと。(傷防止には表面加工、オイルやワックス等が必要かも。モノによっては無垢材の意味が半減するような気もしますが。)
値段が高ければ意味がなく交換・整備等のメンテナンスが簡単にできる仕組みも必要ですが、国産材の有効活用とかこの辺りから攻めたりできないのかなぁと思う今日この頃です。

日時: 10:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/915

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics