« 2016年04月ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2016年06月»

2016年05月

2016年05月14日

livetune+ 「Sweet Clapper」 / HARUHI 「ひずみ」

Sweet Clapper (初回限定盤) [ livetune+ ]
価格:1944円(税込、送料無料)



2016年5月11日発売。livetune+ 「Sweet Clapper
kz(livetune)さんによるライブユニット「livetune+」だそうです。個人的には収録曲、Jump UpやDarling Darlingが好み、気分を無理やり↑に最適な楽曲。

ひずみ (初回限定盤 CD+DVD) [ HARUHI ]
価格:1319円(税込、送料無料)



2016年5月11日発売。HARUHI 「ひずみ
映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌だそうです。小林武史さん作詞作曲との事。個人的音楽嗜好もあって今回の曲は超買いというわけではないのですがチェックしておこうかと。今後、歌手にあった良曲とセットでメジャーになる可能性あるかなぁとか。

他、ヒットしているようなので取り上げるのもなんですが欅坂46の「サイレントマジョリティー」の作曲家も個人的にチェック。

投稿者: へにょにょ 日時: 21:11 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月05日

シャンプー水栓をTLNW36Eに変えてみた。

TLNMW36E_001.jpgTLNMW36E
DIYも趣味な管理人です。今年のゴールデンウィーク、カレンダー通り&土曜出勤の関係で休みが細切れ。遠出するには微妙。というわけで1週間程前にシャンプー水栓をTOTOTLNW36Eに変えてみようと計画、実行してみました。
2014年にサーモスタットシャワー混合栓をTMN40に変えてみたのですが、その第二弾的な感じです。TMN40は非常に良い感じ。
シャンプー水栓、もともとSAN-EI(三栄水栓製作所)のものが付いていたのですが、インターネットで検索しても出てこない古い製品。飽きたしもうちょと高級感のある水栓に変えてみようかなと思ったのが理由です。(何やってるかわからないPC作業や、電子工作よりも家族には受けがいい気もしますし。)
色々インターネットで検索してみたのですが、シングルレバーで2穴なシャンプー水栓、あまり種類が無いような気も。メーカーは、TOTO、SAN-EI、LIXILKVKが主なところでしょうか。色々検討してみた結果、TLNW36Eが良さそうと判断。
実際に交換作業をしてみると、前回のサーモスタットシャワー混合栓の時は全て想定通りだったのですが、今回はそうは行かず。
当初、シャンプー水栓TLNW36Eと対辺約38mmのPR357があれば用が足りると考えていたのですが、洗面台下の狭いスペースでSAN-EIの古い製品のシングルレバーを取り外すのとTOTOのTLNW36Eの取り付けに利用した対辺約38mm PR357だけでなく、古い水栓蛇口部分を取り外すのに対辺約46mm R353の2種類工具が必要でした。また、洗面台の下に止水栓として化粧バルブが使用されていたのですが、この化粧バルブと古いシングルレバーのソケットが経年でなのか固着してしまっていて、レンチ2つを使って大人2人でも外せない状態。シールテープが使われていた化粧バルブの給水栓側は外す事ができたので、化粧バルブを新調、シールテープを巻きなおして化粧バルブごと交換する事にしました。ただ、古い化粧バルブが付いたままだと古いシングルレバーが外せないので古い化粧バルブと古いシングルレバーの間にあった金属製の給水ホースを金属も切れるノコギリで切断する必要もあったり。とりあえずは何とかなりましたが、ソケットが外せないばかりにかなり手間取りました。
対辺約46mm R353、レンチを1つ追加、化粧バルブを2つ、急遽2軒ホームセンターを梯子して何とかそろえる事ができましたが4,000円程当初予定より余計に費用がかかってしまった。ただ、化粧バルブを回した感じ、そのうち1つのコマがそろそろ寿命な感じだったのでついでに交換できてよかったのかもしれません。
とりあえず無事交換を終え、DIYレベルがまた少し上がったはずと自己満足。業者さんに頼むとかかる費用は少なくて2倍近くかかる気が。今後も交換したくなればモノさえあれば交換できるわけですし。遠出しない代わりに水栓金具の交換費用に配分、休みが細切れでもこういうゴールデンウィークなら悪くない気もします。
尚、当然ですが狭い洗面台の下での作業、不器用な人にはおすすめできないですし、自分でやる以上は交換に失敗しても自己責任である事は言うまでもなくです。
普段使ってない所の腕の筋肉使ったので既に腕が痛い・・・。

投稿者: へにょにょ 日時: 19:15 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月03日

成田山新勝寺

成田山新勝寺成田山新勝寺成田山新勝寺
成田山新勝寺へ行ってきました。関東の著名寺院の1つでしょうか。
成田山の始まり、成田山新勝寺のホームページの縁起によると「朱雀天皇の勅命を受けた寛朝大僧正が、弘法大師空海自らが敬刻開眼した不動明王を捧持して京の都を出発。大坂から船に乗り、房総半島の尾垂ヶ浜に上陸~」が始まりだそう。
ゴールデンウィーク、こういう時期はそれほど混雑してなさそうな所を探すわけですが、高速道路を利用する以上渋滞は避けられない訳で行きは首都高速湾岸線等、案の定長い渋滞に巻き込まれたり。一方で帰りはほとんど渋滞に巻き込まれず。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:39 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

//Google Analytics