« 2015年10月ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2015年12月»

2015年11月

2015年11月08日

Mashup Awards 11 Mashup Battle 2nd STAGE

Mashup Awards 11 Mashup Battle 2nd STAGEMashup Awards 11 Mashup Battle 2nd STAGEMashup Awards 11 Mashup Battle 2nd STAGE
お台場にあるZepp Tokyo 2FにあるTOKYO CULTURE CULTUREで開催されたMashup Awards 11 Mashup Battle 2nd STAGEに参加してきました。(Mashup Awardsの招待制のイベント)
オンライン選考20作品、Hackathon通過作品17作品、Mashup Battle 1st STAGE突破6作品、テーマ賞受賞20作品の合計約60作品がプレゼンをしてFinalStageに進める5作品が決まるというイベントです。
IoTなポストでMashup Awards 11に応募してみた結果、オンライン選考の20作品に入っての参加。先に2nd STAGEの結果から言うと10位以内には入らず。ただ、コンセプト(私の作品は、純粋にポストへの投函内容をリモートで、かつほぼリアルタイムで知りたい。で、もう一方の作品は簡単スマートハウス?)の違いはあれどIoTポストな作品が私含め2作品あった事からむしろ、需要はそれなりにあるのではないかと思ったり。
約60作品を3部に分けての発表、準備の時間も含めると朝から晩まで。(事前準備の為に早めに会場入りしたものの、有線LANが無くて無線LANも利用者多く不安定、クラウドを介するシステムなので通知が届くまでの時間にかなり誤差があり5分の間に説明とデモは厳しいと判断、早々に実機デモは諦め動画デモに。LTE対応で有線接続可能なルータ用意しておくべきだったなぁ・・・)
2部の真ん中あたりでの発表だったのですが、流石に待ち時間が長く発表まで緊張どころか集中力も切れてしまった感。でも、年に1度くらいはこういう発表とかこなしておきたいものだと思ったりもする次第です。
とりあえずどれもレベル高い。作品発表後の懇親会でも、ライブあったり、ウェアラブルセンサーでストリートファイターⅡのプレイあったり、かなり面白いMashup Battle 2nd STAGEでした。

折角なので、他の方の作品について追記。
最終的に1人5票の投票とのことで、投票していてなおかつ5位以内だった作品と合わせて思う事をいくつか。
1位作品、参式電子弓。本物の弓を使ったスタンドアローンARゲームシステム
完成度高い、圧倒的得票だったよう。懇親会の際に他の方が聞いていたのですがセンサー等で一式20万円くらいするらしい。コストダウンして子供のおもちゃレベルの価格にできれば世界で売れるかもと思ったり。神奈川工科大学の先生(助教授?)?
3位作品、PINCH。はさむ かわかす 天気よむ 自動で開き,洗濯物をはさむことができる洗濯バサミ
家事を楽にする家電は需要あると思う次第。筑波大生?
同じく3位作品、ビビビコントローラー。情熱的な恋には強い憧れを覚えます。 そんな運命を恣意的につくることができるウェアラブルデバイス
とりあえず・・・プレゼンの動画でつい一票。
といった感じでした。Mashup AwardsのWebサイトに運営によるイベントレポートがアップされていたので気になる方は見てみては。【Battleレポート@お台場】Mashup Battle 2ndSTAGE〜トップ10〜
ちなみにライブはSHAKIN’ by SignalS作品に参加の小南千明さん。YouTube上【小南千明楽曲紹介◎】前向き失恋ソング「CLOSET」等の曲かと。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:46 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

//Google Analytics