« 2014年09月ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2014年11月»

2014年10月

2014年10月19日

安田レイ 「WILL」 / May J. 「Imperfection」 / Yun*chi 「Wonderful Wonder World*」

最近、音楽系のチェックが適等で新規マイナーなアーティスト&曲発掘ができていない感じですが、最近個人的に気になった曲一覧。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】Will (初回限定盤 CD+DVD) [ 安田レイ ]

Will (初回限定盤 CD+DVD) [ 安田レイ ]
価格:3,059円(税込、送料込)

Will(初回生産限定盤)2014年10月8日発売。
収録シングル曲全て持っていたので当初買うべきかどうか迷ったのですが、アルバムのみに収録されている曲もシングル発売曲並みに良曲。CDアルバムはこうあるべきかと。ちなみに10月8日付のiTunes StoreのJ-POPトップアルバムチャート1位(総合アルバムチャート2位)だったそうです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】Imperfection (CD+Blu-ray) [ May J. ]

Imperfection (CD+Blu-ray) [ May J. ]
価格:4,870円(税込、送料込)

Imperfection (CD+Blu-ray Disc)2014年10月8日発売。
すっかりメジャーだとは思いますが。こちらは10月13日のオリコンCDアルバムデイリーランキングで1位だったそうです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】Wonderful Wonder World* [ Yun*chi ]

Wonderful Wonder World* [ Yun*chi ]
価格:1,234円(税込、送料込)

Wonderful Wonder World *2014年10月22日発売予定。
エレクトロな感じで、曲調はじめサビ部分が個人的に好みというところ。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:01 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日

CEATEC JAPAN 2014に行ってきた

CEATEC JAPAN 2014CEATEC JAPAN 2014CEATEC JAPAN 2014
幕張メッセで開催されていたCEATEC JAPAN 2014に行ってきました。CEATEC JAPAN 2010以来なので4年ぶり。
事前に聞いていたとおりBtoBな展示内容が多かった気がします。2010年の時と比べると明らかな差がある気が。
個人的に気になった展示は、SHARPとNHKのブースにあった8Kテレビ。直観的なレベルですが一般的なデジタル放送と4Kテレビの放送とを比べた場合でも確かに差があって綺麗なのですが、8Kはさらに上で画質の良いデジタルカメラで撮影した写真が動いているような感じ。とりあえず臨場感が違うなと。
あとは、DENSOブースのX-mobilityというインホイールモータとPioneerブースのシースループロジェクションかな。
※追記
2010年の頃と比べてBtoC向けの展示が少なかったので個人的に思う事を追記しておきます。
2014年のCEATECでは、個人的に8Kテレビが良いなと思ったわけです。NHK等がデモをブースで流していたわけなので8Kの録画機器と再生する機器は存在しているわけです。では8K放送が始まるのはいつになるのか、調べてみると2018年開始予定とか。それまでメーカーは技術はあっても市場で8Kテレビを販売する事ができないのでは。そこで、たとえばNHK等の放送局が8Kで撮影、ダークファイバ等を利用してケーブルテレビ会社に映像を配信、ケーブルテレビ会社は8Kテレビを持っているユーザーに8Kの映像を別途料金別回線別機器等(インターネットプロバイダをやっているところが多いでしょうし)で配信できるところから始めてしまえばと思うわけです。もちろん細かく調べてはいないので技術的、法律的、採算的、コンテンツ保護等の問題はあるとは思いますが。また、現状の8Kテレビがどれほど高価なものなのかはわかりません。ただ、多くはいないでしょうが高価であっても高音質な音響機器同様に買う人はいるような気がします。(わかりませんが。)
また、CEATECとは直接関係ありませんが、都市部で木材の活用促進という話があるようで。確かに普段普通に生活していて国産の木材を利用する機会は少ない気がします。以前から考えていたのですが、各家庭・企業レベルで国産のペレットを使ったペレットストーブ(ペレットを使った空調システム)を使うようになれば、化石燃料にかえて多少は木材の利用促進がはかれるのではないかと考えた事があります。ただ、ストーブ自体が高価だったり通気口が必要だったりと日本の住宅事情では色々と問題があるようでした。これらを日本の技術でクリアしてかつペレットを安い価格で安定供給できる体制が整えば高い需要が見込めるのではないかと思う今日この頃です。
まあ、言うだけなら簡単。なにはともあれ日本のコンシューマ市場に乾杯。

投稿者: へにょにょ 日時: 22:19 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月07日

Sony SAP Creative Loungeに行ってきた

Sony_SPA_CL_001.jpgSony_SPA_CL_002.jpgEdison
ソニー本社1Fの一角にあるSony SAP Creative Loungeに行ってきました。
電子工作コンテスト→ひらめきガジェットラボ→山手線ガジェットメーカーズ(普段は駅周辺で活動?)でSony SAP Creative Loungeというつながり。
普段、仕事後となるとなかなか参加が難しいわけですが、大手企業のメイカースペースでの開催となると特別なにか関係があるわけでもないですしなかなか見学できるものではない気がしたので。
Sony SAP Creative Lounge、ソニーによるメイカースペースということで非常に興味深いです。ここを経由して何か面白い製品が出てくる事に期待。
ちなみに今回、個人的には特に持って行けるようなガジェットもなかったので遠巻きに他の方のガジェット作品を見せてもらうのがメインでした。
ここ最近、趣味で電子工作、アプリなどを作りはじめてもまたビジネスにもお金にもならないモノを考えてと途中でやる気を失う感じだったのですが、趣味なわけですし作りたいものを作れば良いんだった。となんとなく思考をリセットさせてもらった気がします。(もちろん途中で放置するのも自由なわけですが・・・。)自分では考え付かないだろうガジェットを見せてもらうと、頭にすごく良い刺激になる気がします。
参加した結果、とりあえず作りたいものが増えたり。スイッチサイエンスの方に見せてもらったEdisonが欲しくなるという・・・。Edisonはスイッチサイエンスで取扱いを予定しているとか。ローマで開催されたMakerFaire Romeではインテルがかなりの力の入れようだったそうです。
ついでに、Sony SAP Creative Loungeを見てみたくなったきっかけ記事は以下
“放課後” の研究開発を促進する企業内メイカースペース「SAP Creative Lounge」─ソニー株式会社 田中章愛さんインタビュー(前編)
Makerとして社外活動で学んだことをソニーで活かしたい─ソニー株式会社 田中章愛さんインタビュー(後編)

投稿者: へにょにょ 日時: 23:43 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

//Google Analytics