« 2014年02月ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2014年04月»

2014年03月

2014年03月21日

HP ProLiant MicroServer N54L を導入してみた

HP ProLiant MicroServer N54LHP ProLiant MicroServer N54LHP ProLiant MicroServer N54L
消費増税前でかつ在庫も減って、なんとなくそろそろ値段の底のような気もしたので、HP ProLiant MicroServer N54Lを導入してみました。利用の目的はデータの保存用、新Sambaサーバを格安でたててみようかと。単純にファイルサーバな用途であれば市販されているNASでも良いわけですが、将来的にNAS以外の用途で使う可能性も。
HP ProLiant MicroServer N54L、500GB HDD、4GBメモリ搭載、リモートアクセスカードとセットものを導入。RAID1でミラーリングしたかったので別で追加の500GBハードディスクも調達。
CPUの性能はAMD Turion II NEO N54L(2.2GHz、25W)なので高くないわけですがファンも静音で自宅ファイルサーバ用途には丁度良いかも。ちょっとしたPC以下の値段でそろった感じです。(サーバラック持ってるのになぜラックマウント型サーバ導入じゃないのかというつっこみはなしで。需要あまりなさそうですが、静音1Uサーバでもあればなぁ)
リモートアクセスカードは高価なサーバ向けのHP iLOの機能制限版みたいな感じでしょうか。Wake on LANRDP又はVNCの組み合わせでは面倒だったリモートでの電源の入切はもちろん、BIOSの設定までできる仮想KVMが非常に便利。自宅ファイルサーバなので常時電源ONにしておく必要がないわけで必要な時にリモートで起動、停止ができます。(あたりまえですが念の為、屋外とか、自宅外の別ネットワークからのリモートコントロールはVPN等の仕組みが必要ですよ。)
また、手元でリモートアクセスしているPCのドライブやISOデータをサーバのドライブやメディアとして認識させることができる仮想メディア機能も利用できます。早速OSのインストールで活躍。
仮想KVMは動作条件があるようでしたが、現時点で最新のMicrosoft Windows8.1のInternet Explorer11とJava 7 Update 51でもリモートアクセスカードのIPアドレスをJavaのコントロールパネルで例外サイトに追加すれば問題無く利用できました。あとは、ハードウェアRAIDの故障や異常通知機能があればなぁ。そこがちょっと微妙。
以下は個人的なメモというかリンク。

・ドライバ、ファームウェアのダウンロード先
HP ProLiant MicroServerのドライバー、ソフトウェア、ファームウェア
・BIOSのアップデート方法
HP ProLiant MicroServer - BIOS (システムROM) ファームウェアのアップデート方法
・リモートアクセスカード設定手順
HP ProLiant MicroServer - リモートアクセスカード (RAC) Web管理画面への初期アクセス方法

投稿者: へにょにょ 日時: 22:02 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年03月15日

オープンイベントデータとオープンテロップハードウェア

みんなのイベントボード徐々にオープンデータという言葉が広まっているようですが、3年ほど前から実現できないものかと思っていたオープンデータがあります。厳密にオープンデータと言うかどうかは別として。
勝手に名前を付けるとすればオープンイベントデータ。
どんなデータかと言えば、ある一定地域で開催されるイベント情報データ群(写真・情報等)の事。
一般のオープンデータというと政府や自治体等の機関が自由に使って良いデータとしてデータを一般公開するといった感じですが、オープンイベントデータは少し異なります。
イベントデータは政府や自治体等に限らず、一般の人も情報を提供・登録でき、イベントの終了とともに消える(厳密には不要なデータとなる)、他のオープンデータと同じように一般に公開されるデータとなります。どう使うかは使う人の自由というのが理想。
登録データのチェックや個々のイベント情報に対する評価情報も必要となりますが、地域振興等をはじめ色々と使えるのではないかと。
また、オープンテロップハードウェアと勝手に呼んでるものは、オープンイベントデータをはじめとして、インターネット経由で表示内容を受信又は収集して必要な情報をスマホやタブレットやPCではなく、LED、有機ELモジュール等でテロップ表示できる格安ハードウェアを想定しています。インターネットに繋がり、電源があれば気軽に置けるもの。
オープンイベントデータに行きつく前段階の実験として、個人的にアプリも公開しています。時間が無くてこれまたプロトタイプな域を出てはいませんが、軌道に乗りさえすればうまき行きそうな気も。もちろん、その他のアプリ等と同じで結局、利用者がどれだけいるかが鍵にはなりそうな仕組みですが。
オープンテロップハードウェアは、作る気がおきたら作ってみる・・・かも。

追記、オープンデータは公開するだけでは存在を知られず、結果的に利用されないというパターンも多々ありそう。定期的にオープンデータを利用するハッカソンを開催するなど、他のサービス同様に普及にはお金をかけなければならないだろう点は変わらない気も。ハッカソンが必要ということは、それなりにIT知識のある人がいなければ利用されないということでもあり、そこが地方で展開する場合の問題になりそう。データやインフラ基盤は地方に用意して(クラウドであればそれも関係ないかも)、ハッカソンは都会圏で行えば良いだけなのかもしれませんが。
また、オープンデータはデータの性質上、インターネット上やアプリといったもの以外のかたちで成果を出すのはなかなか難しい気も。オープンデータの可能性を宣伝するという意味で、オープンテロップハードウェアのようなハードウェアが外の世界へ情報を提供する、ある種、壁を突き破る可能性を持っているような気もしなくはないのですが・・・実際どうなのかはわかりません。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:27 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年03月09日

SME乃木坂ビル プレミアムイベントに行ってきた

SME乃木坂ビルSME乃木坂ビルの乃木坂スクエアで開催された安田レイ 2nd Single『Bland New Day』プレミアムイベントに行ってきました。当選するとは思ってなかったわけですが当選。早々にはずれた気でいたので昼に別の予定入れていたりといった具合。
ちなみに、2名まで可でしたが1人で行ってきました。ぼっちでライブとか。思ったより1人な人も多かった気もします。が1人で行くのは最初で最後。やっぱり個人的には難易度高すぎるなー。
妻と行くには子供が幼く長時間実家に預けるのはまだ無理で、かつ事前情報だけで他の人を誘うには確実に楽しめると言える自信がなかったというのが本音だったり。
会場の様子、あえて後方の席に座って、参加者の男女比、年齢層等色々チェックしたくなる経済癖があるのですが、前に詰めて下さいということでそのあたりよくわからなかった・・・。
なんとなく年齢層はAKB48や乃木坂といえばな乃木坂46をはじめとしたアイドルグループのファンが多い年齢層より上の人が多いような気が。かく言う私もそうですがGenki Rocketsの頃からのファンも多かったのかな。
ライブはしっかり楽しめました。生でも歌唱力申し分なく、楽曲のプロデュースもアゲハスプリングスがついていますし今後も期待。
ちなみに、イベントの最後には新曲が読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで4月5日から放送スタートなTVアニメ「金田一少年の事件簿R」のエンディングテーマに決定との発表もあったり。

投稿者: へにょにょ 日時: 22:28 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

//Google Analytics