« 2012年06月ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2012年08月»

2012年07月

2012年07月28日

kobo Touchを買ってみた

kobo Touchkobo Touchkobo Touch
楽天の電子書籍端末、kobo Touchを買ってみました。
発売当初、アクティベートできない等、数々の問題が発生して炎上。買うかどうか迷っていたのですが、たとえ電子書籍端末として今一だったとしてもKobo_Touch_Hackingにある通り、色々といじれるようなので購入する事にしました。
届いた時にはアクティベートの問題なども解消されており、個人的にはこんなものじゃないのというのが率直な感想。
もっとも、現状はPCにソフトウェアをインストールしてアクティベートしなければ使えないという点で、PC初心者等がサポートなしで利用するのは厳しいのではないかとは思います。無線LANの設定もPC初心者には難しいはず。
個人的には、普通に電子書籍端末として使う事よりも、他の用途として使えないかどうかが気になっていたり。自炊しかり、他にはiPadを使って会議をしているという会社はちらほらと聞きますが、iPadはまだまだ値段が高いかと。kobo Touchであれば1台あたり約8,000円なので、kobo Touchに資料を入れて閲覧できるかどうか。
Excel 100%倍率でA4 PDF出力したものをkobo Touchに入れて閲覧してみた所、フォントサイズが10ポイントを切るとかなり厳しい気が。もしkoboで資料を閲覧するのであればそのあたりを意識して資料を作成する必要がありそう。端末自体はコンパクトで、E Inkなので消費電力も少なく1度の充電で長持ちするので良いとは思うのですが・・・(1台5,000円以下であれば・・・多少の不便も我慢できるような気も。)
ついでに、kobo Touchに限らず、特定の電子書籍端末を普及させたいのであれば、キャズム理論でいうイノベーターとアーリーアダプターは少なからず自炊を重要視しているだろうから、日本語書籍のラインナップよりもむしろ自炊まわりの機能充実をはかったほうが良いのではないかと思っていたりします。そうすれば自然とキャズムを超えるのではないかと。もっとも、こういう方向に舵をきると出版社が支持してくれるかどうかという所で問題が発生しそうではありますが。でもまあ、こういうものは普及したもの勝ちでしょう。
ちなみに、現状の問題点。Ciscoの無線LANアクセスポイントを利用しているからなのかもしれませんが、どうも無線LAN接続がうまく利用できません。具体的には、設定して無線LAN接続できた後、kobo側で切断されると再接続できなくなります。設定を削除して再起動し再度設定をし直さないと無線LAN接続できなかったり。
ちなみに、PDFの表示も余白を詰めたPDFファイルの場合、ページを送った際、右側に前ページのイメージが残ったままになったり。
とりあえず、次のファームウェア更新で改善される事を期待しています。
良かった点として予想外だったのが、お試し機能のkobo ウェブブラウザ。お試し機能なのでサポート対象外だそうですが、jQuery mobileが問題無く動作しました。掲載写真右の通り。
もっとも、E Inkなのでスクロールが必要な場合、スクロールの度に再描画されるのでちょっと微妙ですが。スクロール不要なように設計すればWebアプリケーション端末として使う事も可能・・・かもしれません。(もちろんWebページへのアクセスには無線LAN接続が必要で、無線LAN接続に問題があっては話になりませんが。)
今回の炎上は、コンシューマ向けIT系ハードウェア開発を考えている企業にとっては非常に勉強になるのではないかと。

※追記:kobo Touchでたとえば既存のA4資料を閲覧するとして、現状ではハードウェア的に厳しいというのが率直な感想。現状ではkobo Touch用に資料を作成しなければならない感じです。消費電力すくなく、紙資料なしで会議をするという意味でやる価値がないとは言いませんが・・・。
iPad等のタブレット端末等と比べて軽さと、紙資料を見ているのと変わらない感じで目が疲れない、なんとなく雑に扱ってもいいかなと思える(賛否両論ありそうですが)所はいい感じなのですが。
スマホなどと比べて解像度が低い(ドットの点が大きい)為、同じE Inkのディスプレイであればすくなくとも縦・横ともにkobo Touchの1.5倍の大きさは必要な気が。さらにPDFをPCで直接生成するのではなく、スキャンするとなると画質は落ちるわけで、スキャンしたものを快適に閲覧するには縦・横2倍くらいのディスプレイサイズが必要な気が。ただ、2倍の大きさでは今度は携帯性が犠牲になってしまいます。
E Inkディスプレイの解像度が向上か画面サイズ1.5倍、さらに軽量化、そして値段が下がる(ついでにカラー対応する)かどうか。
書類の電子化は液晶ディスプレイ系のタブレット端末が進化しておさえるのか、E Ink系の電子書籍端末等が進化しておさえるのかは今後の動向が気になる所。いずれにせよエコの観点からも端末の値段が下がれば進む事でしょう。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:48 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年07月15日

秩父神社

秩父神社秩父神社秩父神社
埼玉県秩父市にある秩父神社へ行ってきました。
由緒によると、創建は祟神天皇の御代、知知夫国の初代国造によるそう。現在の社殿は江戸時代の再建とのこと。その影響なのか本殿の彫刻や彩色が日光東照宮に似た感じがします。
[ Google Maps API : 秩父神社 ]

投稿者: へにょにょ 日時: 23:09 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

聖神社&和銅採掘露天掘跡

聖神社和銅採掘露天掘跡和銅採掘露天掘跡
埼玉県秩父市にある聖神社和銅採掘露天掘跡へ行ってきました。
以前から気になっていた場所です。訪れる人は少ないと思っていたのですが、つい最近テレビで紹介されたらしく、思ったよりも訪れる人も多く。
どでかい和同開珎のモニュメントが示すとおり、約1,300年程前、この近辺で銅を採掘して途中、鋳銭し奈良の平城京まで運んだりしたそうです。(当然銅山は他にもあり、ここでのみ採掘されていたわけではなく)
世界規模のシルクロードに比べれば大したことはないのかもしれませんが、量の大小は別として、埼玉の秩父から奈良まで運んだという所に一応、歴史ロマンを感じるわけです。
ただ、和銅採掘露天掘跡はそれほど面白いわけでもなく、遠方から行くことをお勧めできるかどうかと言うとちょっと微妙ですが。
ちなみに現状、日本で鋳造された貨幣として最も古いとされているのが富本銭。ただ、富本銭はそれほど数が見つかっておらず、日本で広い範囲で流通した初の通貨が和同開珎という事になっているようです。
[ Google Maps API : 聖神社 ]

投稿者: へにょにょ 日時: 23:00 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年07月01日

「コクリコ坂から」横浜スタンプラリー 2012

「コクリコ坂から」横浜スタンプラリー 2012「コクリコ坂から」DVD&ブルーレイディスク発売記念という事で、昨年開催されたスタンプラリーの2012年版。
ぶらぶらと家族でスタンプラリーに参加してきました。
個人的にはおなじみの場所をまわるわけですが、のんびりするにはちょうどいい感じ。おなじみの場所だからこそ何か理由がないとというわけで、良い理由になりました。日ごろの運動不足解消と気晴らしにもなったかと。
掲載写真はスタンプを集めてもらえたグッズ。2012年7月16日までやっているそうです。(グッズがもらえるのは先着3,000名)

投稿者: へにょにょ 日時: 23:13 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

//Google Analytics