« 2011年01月ガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ 2011年03月»

2011年02月

2011年02月26日

mobile ASCII vol.3でアプリが紹介されました

mobile ASCII vol.3で宅建アプリが紹介されました。
アプリ紹介にイラストまで付けて頂いて、それなりの大きさで紹介。
まさか作成から2年経って日の目を見る事になるとは思わなかったというのが正直な所ですが、感慨深いものがあります。公開最初の頃は、日本で各携帯電話キャリアからAndroid携帯が発売される前だったので、英語で「日本語表示のテストですか?」とコメントされるような扱いでしたから。
Android端末上で動作するデータベース(SQLite)を実際に色々と試してみたいという所から開発してみたアプリ。テキストの読み書き&処理に比べると、データベースなだけに処理が高速で、当時かなり使えると思ったのは事実。
また、Androidについての情報が少ない時期に作成したアプリなので、色々と修正したい箇所があるのも事実。バグも眠っていそう。趣味開発なので、メンテナンスが追いついていないのが現状です。
色々と時間配分が難しいわけでと言い訳してみる。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:16 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年02月18日

アンドロイド・タブレットとデジタルサイネージへの応用 IT Proの記事に

横浜でAndroidに取り組む団体が集結、地元の観光ガイドアプリも
2月4日夜に横浜市開港記念会館で開催された「アンドロイド・タブレットとデジタルサイネージへの応用」イベントがIT Proさんの記事で紹介されました。
2ページ目以降の閲覧にはログインが必要なのであしからず。
ちなみに、IT Proさんのホームページは日々のIT技術情報収集によく閲覧しています。
せっかくなので最近気になった記事をいくつか。
Androidからパソコンを操作する「TeamViewer App」、商用以外は無償で提供
外部のサーバを経由する形(データはAESで暗号化)にはなりますが、私が以前試してみたようにVPNと固定IP又はDynamicDNS等の環境を整える必要なく遠隔操作が可能なようです。AndroidアプリとしてPCを遠隔操作するアプリも増えてきた。
NECがAndroid搭載の「LifeTouch NOTE」を発表、ATOKとキーボードで高い入力性を実現
PCと同じスタイルのAndroid端末も増えてきたかな。
以前から記事にしていますが、個人的にはやはりAndroid端末をシンクライアント端末として利用できないかという点が非常に気になります。ハードウェアとアプリでPCとほぼ同じように使えると最強。
外に持ち運ぶ端末として考えると、紛失時に携帯電話(Android端末)同様の仕組みで遠隔でロックや内部のデータ等を初期化できると尚よし。
今回のLife Touch NOTEはモニタの解像度が800×480でちょっと小さいかな。1024×768位は欲しいかも。タブレット向けのAndroid3.0対応の製品が発売されれば、実現も可能になるのかな。
家や会社のPCにシンクライアント並のセキュリティを確保しつつ、外出先からでも遠隔で接続して利用できるAndroid端末。どこかのメーカーがきっと出すはず。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:47 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年02月11日

CP+ 2011 CAMERA & PHOTO IMAGING SHOWに行ってきた

CP+ 2011CP+ 2011CP+ 2011
2月9日から2月12日の間、パシフィコ横浜展示場で開催されているCP+ 2011 CAMERA & PHOTO IMAGING SHOWに行ってきました。
デジタル1眼レフのカメラ、1眼レフ用のレンズを押している会社が多い感じ。他、プリンタ系、望遠鏡系等々もありましたが。ただ、個人的にカメラや写真に時間や費用をかける余裕はなく、2の次といった感じなので思ったより収穫はなかったかなー。
あちらこちらのブースで有名な写真家等?の講演が行われていたようですが、写真雑誌等を見る習慣があるわけでもないので有名な人なのか全くわからず。
ちなみに、これはと思ったのはCASIOのEX-TR100。アイデアですねー。このままでは問題ありですが、こういうカメラにスマートフォン機能が搭載されれば欲しいかも。
あとはSONYのブースの端っこで紹介されていたbloggieかな。カメラ搭載の携帯電話やスマートフォンとどう差別化するのかが問題。どちらも今年の4月発売予定。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:25 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年02月05日

自宅で炭酸水(ソーダ水)自作環境構築完了

自宅でCisco IP Phone&Asterisk利用環境構築完了にタイトルをかぶせてみました。
デスクトップPCの自作は特に珍しい話でもなくなり、iPad等が発売されてからは電子書籍の自炊もブームに?
とにかく自作・自炊がはやりのようなので、というわけではありませんが炭酸水自作環境を整えてみました。
最近流行りのハイボール?自宅でハイボールを作ると言うと、ウイスキーとソーダ水両方を購入して混ぜるのが一般的ですが、そこから先、炭酸水を自宅で作る環境を整えてみました。もっとも個人的にはあまり自宅で酒を飲まないので、清涼飲料自作の為というのが本音だったりしますが。疲れに炭酸は良いらしい。
ソーダサイフォンとソーダカートリッジ購入。ソーダカートリッジは今のところ、まとめ買い以外に安く買う方法が見つからず。大量に買えば1つあたりの値段は安くなる。
ソーダ水の出来はまあまあかな。強炭酸とは行きませんが、中~弱炭酸といった感じ。個人的にはちょうど良いくらいかな。これでわざわざ店にソーダ水を買いに行く必要がなくなるなー。
値段的にお得かどうかは一概には言えないかな。エコにはなるのかなー、ペットボトルの代わりに小さいスチール製のカートリッジが残る。どうなんだろう。

投稿者: へにょにょ 日時: 23:04 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

//Google Analytics