新ホームページ(HTTPS、スマホのブラウザに対応)へ移行を予定しています。

移行先:https://www.kenzai-info.com

« 富士山登頂 御殿場口 皇太子さま 環水平アークガーデニングリフォームそしてCCNA トップページ VNCでWindows XP Homeを遠隔操作とか。»

2008年08月10日

SugarCRMで管理する?

SugarCRM CommunityOpenSourceアメリカでは既に2000年頃から有名だったそうですが、私がその考え方やシステムを知ったのは結構後だったり。
4年程前から日本でも有名になってきたERP(EnterpriseResourcePlaning:企業資源計画)、2年程前から有名になってきたCRM(CustomerRelationshipManagement:顧客関係管理)。
たまたまとある知り合いからSugarCRMについて質問が。
そういえば、このブログではSugarCRMについて取り上げた事が無かった、という事で取り上げてみたり。一度昨年ぐらいに取り上げてみようと思ったのですが、無償バージョンの日本語環境提供停止ということで日本での利用は無しかなと思ったのです。いつの間にか提供を再開していたようですね。
現状の最新バージョンは5.00g、テストバージョンが5.1RC。有償版、無償版(CommunityOpenSource)の提供があったりで提供方法がどことなくMySQLに似ているような気がします。
CommunityOpenSource版であれば無償で利用できます。(LAMP構成であればサーバ本体以外を無償で利用可能。)
SugarCRM、標準パッケージだと販売業向けですよね?業種によってはカスタマイズが必要でしょう。細かくは理解しておりませんのであしからず。
この手のソフトウェアについて共通して言える事ですが、GPL(GNU General Public License)なので無償で使える代わりに、求められた場合のソースコードの公開等の点で仕事での利用となるとカスタマイズはちょっと微妙です。(再頒布を考えなければ良いのかもしれませんが。)
機能が多い分直感的な操作が可能かという点も。実使用となるとサポートが大変かもしれません。
だからこそ、日本にも正規代理店等がいて有償版を導入し、カスタマイズを依頼したりという事になるのでしょうけど。
ERP、CRM共に様々なオープンソースモノが提供されており、一通り触れたいとは考えているのですが、時間が無くてさわりきれていないのが現状、誰かこの辺りをレポートしてくれている人とかいないですかねー。
時間くれー。

日時: 23:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenzai-info.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/376

コメント

匿名で失礼致します。
至急でLinux(RHEL)の設定からSugerCRMのインストール・サポートまでを担当して頂ける方を探しております。お願いできませんでしょうか

コメントに対して返信する暇がないのでコメントは受け付けていません。Twitter等でどうぞ。

//Google Analytics